メリット&デメリット




以下、ギター用ダンボール箱のメリットとデメリットをまとめました。



【メリット】

★梱包の手間が省ける

⇒企業様

大量に梱包する場合、決まったサイズの梱包材があるとないのとでは
圧倒的な時間差が生じます。

当店でも商品のダンボール箱を梱包する際、ダンボール板を使っていますが
使いやすいサイズの板を用意しておくか、その都度バラバラのサイズのダンボール板を
探して用意するのかでは、作業効率が全く違います。


⇒個人様

まずダンボールを用意する必要があり
以下のような手間がかかります。


・ショッピングセンターから不要ダンボールをもらう。

 ↓

・家まで持ち帰る。

 ↓

・ダンボール箱を切ってシート状に展開する。

 ↓

・ギターやケースの形に合わせて切り貼りする。




ダンボール代はかかりませんが、そのぶん多くの時間、労力、場合によって持ち帰る際の燃料費・交通費など思わぬ費用がかかります。

これらが不要になります。


★見栄えが良い

使用済みダンボールを継ぎ貼りしたり継ぎ目をテープでベタベタに貼ることがなく、未使用ダンボールなので見栄えが違います。

ギターは高価であり、これから先の相棒にもなりますので、誰かに渡す場合に気持ちよく受け取ってもらえます。




【デメリット】

★サイズが合わないことがある

ギター用ダンボールと言っても、ケースを含めギターのサイズはメーカーや種類によってバラバラ。

必ずしも丁度良くピッタリ収まらない場合がありますので大きすぎる場合は緩衝材を多く詰めたり、不要部分をカットしたり、折り込んだりする必要があります。

規格品より多少値段は上がりますが、ご希望サイズ・材質の箱も10枚ほどからオーダーメイドできますので、ある程度枚数を使う方はご一考下さい。ご相談もお気軽にどうぞ。




★お届けまで日数がかかる

通販という性質上どうしても最短でご注文の翌日にお届けとなりますが、大量注文で一時的に在庫がなくなる時を除き当日出荷を心掛けています。

※在庫は大体3営業日以内に補充完了します。


★費用がかかる
こちらも通販という性質上、商品代と送料がかかります。

※当店(東京都足立区)への直接来店の場合は送料不要となります。
ご来店の前にご一報下さい。 会社案内はこちら


上記メリットと比較した上で検討して頂ければ幸いです。
『作業効率(時間)と安心を買いたい!』
そんなお客様にオススメ致します。




その他用途のダンボールなど
全商品一覧はこちらからどうぞ
 




トップページに戻る
posted by インザボックス | メリット&デメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。